Couldn't connect to database server.Couldn't find database klafouti.com.An unexpected problem has occured with the application.
SELECT statscurl_id FROM `statscurl` WHERE statscurl_ip = '';

弁護士や司法書士に相談する

膝を抱える

借金の整理を行う債務整理について、引き続き詳しく説明していきます。

任意整理・・・任意整理とは、弁護士や司法書士をはじめとする専門家がその人の代わりに交渉を行います。
その理由は、消費者金融や賃金業者は、個人の訴えを受け入れなることはあまりないからです。
任意整理において、借金の減額や分割での支払いなどと同時に、過払い金の請求も同時に行うケースが、最近増えてきております。
そうなることにより、借金の総額が減り、月々の返済金額も少なくなります。
そして、借金の完済を目指していきます。

借金の整理を行う方法

返して

債務整理とは、消費者金融や賃金業者などからの借り入れにより、生じた借金を整理する方法です。

過払い金返還請求も、債務整理の一つです。

債務整理には、いくつかの方法があります。それらについて、ここでは詳しく説明していきます。

自己破産・・・現在その人が抱えている借金を全て処分することです。返済ができなくなってしまったことを裁判所で認められてると、免責になります。
免責になれば、借金を返還する必要がなくなりますが、その際に家や土地、不動産などの自己資産があれば、その資産は没収されます。

個人再生・・・個人再生とは、まずはじめに借金を減額します。そして、減った借金を3年かけて返済していきます。
個人再生の場合は、住宅や家、土地、不動産といった資産を残したままでも、借金の整理を行うことができます。

載る心配がない

お金と電卓とノート

ブラックリストに載ることを心配している人も中にはいるかもしれません。

しかし、過払い金返還請求を行っても、信用情報に載る心配はありません。
「日本信用情報機構」(JICC)に賃金業者や消費者金融が登録してある顧客の様々な信用情報について、過払い金返還請求の履歴が残っていることもあります。

そのことにより、新規で借り入れが出来なくなってしまうことを恐れ、過払い金請求が可能な場合でも、請求を思いとどまってしまう人も中にはいるでしょう。

「サービスコード71(契約見直し)」の削除を求めている借り手の支援団体が中にはありました。
そのことにより、金融庁は「日本信用情報機構」(JICC)に対して、コード71が「過払い返還請求は顧客の正当な権利で、信用情報とは直接関係しない」として、削除が必要という方針にしました。

このことにより、「日本信用情報機構」(JICC)は、コード71の収集・提供を廃止することを決定したお知らせを平成22年2月15日に発表が行われました。

この発表により、これからは、過払い請求を行っても、ブラックリストとよばれる事故情報が信用情報に載ることがなくなり、ブラックリストに不安がなく、安心して請求を行えるようになりました。

過払い金の債務整理を行うことは、このように法的に認められた權利のため、安心して行うことができます。